facebook

写真とは、この無限に広がる世界からほんのわずかな空間を切り取り、11000秒の今を留める作業。

地球上で起こる森羅万象、生命のあらゆる営み、50億もの人間がそれぞれの人生を日々生きているという事実がそこにあるのに、その何億分の一をも切り取ることができない。

このちっぱけな一人の人間が切り取ったその僅かな事実はもう既に事実ですらなく、それを嘲笑うかのごとく世界は依然、世界としてある。

だから仕方なく諦めて、自分に言い聞かせる。とりあえず私が居た場所、瞬間を捉えればいいじゃないかと。

私が見た「今」を切り取ればいいのだと。

遥か彼方の未来からやってきて過去へと流れ去る「現在」。
シャッターを押した瞬間に、それら全ては過去に帰す。一体それは何なのか。私の「存在証明」か。「生きた痕跡」か。「残滓」か。


さて、そうして切り取られた私の世界を写真として他人が見た時、それは果たして理解され得るのか?

だってやっぱりどう考えても、「私」と他人とは存在の仕方が明らかに違う。他人は、つまり私以外のその他大勢だ。

私という固有性は、きっとそのそれぞれの他人達にとっても固有なんだということがなんとなく想像できる。

ということは、私は他人から見れば、その他大勢の中の一人にすぎないということでもある。
並列。

私の固有は普遍たり得るか?


This website and all of its contents are Copyright (c) 2010 Yuko Masuda All Rights Reserved
Home

Galleries

Profile

Books

Contact

Blog

Links

Yuko Masuda photo  増田祐子   増田祐子